呼吸器疾患について

1. 肺がん

  肺がんの診療は、診断から治療および緩和ケアまで、患者さんに安心して受診していただけるように、一貫して行っています。当院では、肺がん細胞のEGFR遺伝子変異などを検査しており、個々の患者さんに適したお薬(分子標的薬)を選択し、個別化治療を行っています。また、肺がんの治療成績向上のため、臨床試験に参加し、新しい治療法の開発にも取り組んでいます。

 

2. 呼吸器感染症

  細菌性肺炎、肺結核、非結核性抗酸菌症、肺アスペルギルス症など、種々の原因菌による呼吸器感染症を速やかに診断し、適切に治療しています。

 

3. びまん性肺疾患

  間質性肺炎やびまん性汎細気管支炎などのびまん性肺疾患に関しては、厚生労働省のびまん性肺疾患に関する調査研究班に参加し、診断や治療に関する研究を行っています。